住まいの成功例と失敗例

みんなで作り上げていく

現在は、住宅関連の商品やまたそれらを紹介するメディア(雑誌等も含む)などが非常に多く取り上げるようになってきているような気がします。
社会全体が個人化されつつあるこの頃ですが、その個人が生活していく中で最も重要で大切なものが「家」ということが再認識されてきた結果ではないだろうか。
本屋さんに行くと、家に関するリフォームの雑誌やハウツー本、実際にリフォームされたご家庭の紹介写真集などさまざまなものを目にすることが出来ます。
これまでは、念願の夢であった家を建てることにより大満足しそこから先は無の状態。
というのが一般的でした。
しかし、昨今のような世の中であるがために、その無の状態であったすき間に何らかの訴えを起こしたものが一つはこのリフォームブームということなのではないでしょうか。
個人ではなく家族が共有するものを「みんなで作り上げていく」というのが最も受け入れられている要因ではないかと思います。
そのことを通してさらに個人、家族が生き生きとした社会生活を営んでいくことができるようになるのではないかと思います。

ページリスト

Copyright (C)2017住まいの成功例と失敗例.All rights reserved.