住まいの成功例と失敗例

少し無理をしたけれど正解だったソファー

私にとって「お気に入りのインテリア」と言えば、何と言ってもリビングルームに置いてあるソファーだ。

今から5年前、結婚した時に近くのインテリアショップで購入した物だ。

当時も夏の真っ最中で、汗を流しながら新居に相応しい家具や家電製品を選んだ。

その中で、箪笥等の家具やテレビ・冷蔵庫・エアコン等の家電製品は意外にすんなりと決まったのだが、中々決まらなかったのがソファーだ。

私とワイフの好みが違っていた為だ。まずカラーについては、私がブルー系統が好きで、ワイフはオレンジ系統が好み。

また、クッションについては私が固めなのが好きなのに対して、ワイフは柔らかいふかふかのクッションが好みだ。

中々、二人の好みに添うクッションが見つからなかったので双方が妥協して、カラーはアイボリー、クッションは柔らかいのと固めのとの中間位の物にした。

素材が良かったのか、結構値段が高かったのだが、長く使う物だからと我慢して購入した。

使ってみて、少し無理をしたけれど正解だと感じた。疲れて帰宅した時等、このソファーに横になるだけでホッとするのだ。

私にとって、今や大事な家財道具だ。ボロボロになるまで使ってみたいと考えている。

ページリスト

Copyright (C)2017住まいの成功例と失敗例.All rights reserved.