住まいの成功例と失敗例

子供がある程度理解が出来る年頃

我が家が今の一戸建てを購入したのは5年前。結婚して約半年後の事です。本当はそんなに早く購入する予定はなかったのですが、ふらっと分譲住宅を見に行った際、営業マンの方に説得され早々に購入する事になったのです。
正直なところ後悔しました。家を購入するタイミングを間違えたなと。
私が思う理想のタイミングは子供を産んで、その子供達も小学校高学年ぐらいになったぐらいがベストだと思います。
ちなみに私達が購入した時は子供がまだ生まれておらず夫婦のみでした。その時期はそれなりにキレイに家を使う事が出来たのですが、子供が生まれてからは家の中は汚れ放題。床に傷がつき、白い壁もベタベタの手で汚されましたが、何せまだ子供が幼いので理解させるのは無理です。そういった意味でも、子供がある程度理解が出来る年頃になってから家を買った方が余計な心配をしなくて良いと思います。
またその地域に溶け込むにも子供がいた方が入りやすいです。私の家は新興住宅地なのですが、ほとんど小さいお子さんがいる家庭です。その中に夫婦二人で引っ越しをしたのですが、子供がいないと近所の方との話も続かず、なかなか溶け込めませんでした。
なので家を購入する場合は、子供を生んで、それなりに成長してからが一番ベストだと思います。

ページリスト

Copyright (C)2017住まいの成功例と失敗例.All rights reserved.